「 2016年12月 」一覧

NO IMAGE

大阪市では、医療保険が適用されず、高度な医療費がかかる配偶者間の特定不妊治療(体外受精や顕微授精)に要する費用の一部を助成する事業を行っています。平成28年度から対象範囲、助成回数が変わります。【なお、平成28年1月20日以降に終了した治療については助成を拡大しました。】